映画美女と野獣はとっても素敵な映画でした

最近CMでも話題の美女と野獣の実写化映画を見に行ってきました。この映画、はっきり言って期待以上でしたよ。
一番の魅力はアニメ映画をそのまま再現しているところ。あのアニメの世界観をそのまま忠実に再現できているんです。例えばCMでもシーンが登場するベルと野獣が踊っているシーン。カメラワークも完璧にアニメのまま。家具や食器にされた家臣たちがベルにおもてなしをするシーンも歌い踊りながら料理を運んできたりするんですがその楽しいパレードのような世界観もそのまま表現出来ていてでもちゃんと本物らしさもあるんです。ついに、映像技術はアニメをここまで違和感なく実写化できるようになったんだなぁって思いました。
この映画はミュージカル映画ですがその歌のシーンも楽しめます。待ち人みんなで歌いながら流れるように動いていくシーンなんかはまるでディズニーランドでショーを見ているような気分。わくわくするし、楽しいし、昔の映画の曲をそのまま同じシーンで使っているからさらに感動してしまいます。
エマ・ワトソンもベルのイメージによく合っているし、歌もとっても上手でした。変に張り上げて歌う感じはなく、自然に歌っているので歌のシーンが演技の中で変に浮いたりしないんです。野獣の特殊メイクもすごくて特殊メイクをしていてもとても細かい顔の動きもわかって表情がとても自然に豊かに表現できています。
恋人とみても、友達とみても、家族とみても、もちろん一人で見てもとても幸せな気持ちになれる映画だと思います。ぜひ、あの素敵な世界観は映画館で見た方がいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です