月別アーカイブ: 2017年4月

映画美女と野獣はとっても素敵な映画でした

最近CMでも話題の美女と野獣の実写化映画を見に行ってきました。この映画、はっきり言って期待以上でしたよ。
一番の魅力はアニメ映画をそのまま再現しているところ。あのアニメの世界観をそのまま忠実に再現できているんです。例えばCMでもシーンが登場するベルと野獣が踊っているシーン。カメラワークも完璧にアニメのまま。家具や食器にされた家臣たちがベルにおもてなしをするシーンも歌い踊りながら料理を運んできたりするんですがその楽しいパレードのような世界観もそのまま表現出来ていてでもちゃんと本物らしさもあるんです。ついに、映像技術はアニメをここまで違和感なく実写化できるようになったんだなぁって思いました。
この映画はミュージカル映画ですがその歌のシーンも楽しめます。待ち人みんなで歌いながら流れるように動いていくシーンなんかはまるでディズニーランドでショーを見ているような気分。わくわくするし、楽しいし、昔の映画の曲をそのまま同じシーンで使っているからさらに感動してしまいます。
エマ・ワトソンもベルのイメージによく合っているし、歌もとっても上手でした。変に張り上げて歌う感じはなく、自然に歌っているので歌のシーンが演技の中で変に浮いたりしないんです。野獣の特殊メイクもすごくて特殊メイクをしていてもとても細かい顔の動きもわかって表情がとても自然に豊かに表現できています。
恋人とみても、友達とみても、家族とみても、もちろん一人で見てもとても幸せな気持ちになれる映画だと思います。ぜひ、あの素敵な世界観は映画館で見た方がいいと思います。

忙しい朝に最強!スタイリングが楽な髪型

髪型を色々変えて楽しむことが私の趣味。学生の頃からこの歳(37)になるまで様々なヘアースタイルに挑戦してきました。働く女性にとって朝の時間は戦いです。出勤までの短い時間で、歯を磨き、シャワーをあび、化粧をし、朝食を食べる。それはまさにスピード勝負。疲れていても爽やかな仕事モードの顔に切り替えて出かけます。そんな朝に少しでも楽でスピーディーにきまる髪型はどれか?それをテーマにこれまでの髪型を思い返してみました。

まずはスキンヘッド、一見楽そうに思われるかもしれませんが、すぐに小さい毛が生えてきてしまい、お手入れが意外と大変。週に2、3回は剃り直しをしないと、まるでヒヨコのようなみっともない感じになります。

続いてショートヘア。短い分、これもお手入れが大変です。1ヵ月に一度は美容室に行かないと、理想の長さをキープすることが難しく、スタイリングもその日の髪の質によって、良くも悪くもなってしまいます。素敵なショートヘアには根性と忍耐が必要です。

ドレッドヘア。これは論外。まず夏が地獄です。暑くて汗をかいてもそんなに毎日洗えません。洗ったところで乾かすのがまた一苦労。タオルで毛束を一つづつ掴んでは水分を抜くを繰り返します。朝に髪を洗おうものならば、乾くのは昼になるかもしれません。

そしてパーマ。これが朝には最強です。何故なら、短くても長くてもスタイリングが楽にきまるからです。髪も半乾きの状態でムースやワックスを練りこんで完了!失敗も少なく、しかもお洒落に見えるという神の髪型です。

そういう訳で、パーマヘアに行きついた私は、ここ数年このスタイルで通しています。個性も際立って、一石二鳥どころか一石三鳥のような気もしています。気分転換に髪型を変えてみたい方は、ぜひパーマヘアを一度試してみてはいかがでしょうか?

のんびりの日々でも贅沢はできない。でも幸せ。

私は今妊娠7カ月です。仕事は辞めて、家で内職をしています。久々にのんびりした時間を過ごしていますが、収入が減ったので贅沢はできず、お金を使わないように工夫しながら毎日過ごしています。出産をしたらしばらくは内職すらできないと思うので、内職で仕事があるときはそれを第一優先にしています。その分家事が若干おろそかになりますが、時間が空いたときに家事を片づけるのと動けるうちに少しでも稼ぎたいという気持ちがあるので家族には目をつぶってもらっています。逆に内職が途切れてしまうとゆっくり家事をしたり、ミシンを出して使い方を思い出しながら縫物をしたりしています。またたまにへそくりを使って友達とランチに出かけます。

今まで時間に追われる毎日で家でゆっくりすることなんてなかったので、今の生活は夢のようです。今は体調にもあまり波がないのですが、無理のない範囲で毎日今日は何しようかとわくわくしながら朝を迎えます。もう少し自由に使えるお金があればと思うことも正直ありますが、今は着られる服も限られているしウィンドウショッピングで我慢しています。

お腹の赤ちゃんも毎日元気に動いていて会えるのが楽しみです。どんな顔なのかな、名前はどうしようと考えるのも幸せです。出産後しばらくは寝不足や生活リズムが掴めず大変な日々が続くと思うとこの自由な日々がさらに有り難く感じます。それと同時にこんな自由な自分が急に育児中心の毎日になってやっていけるかという不安も抱いてしまいますがそうなったらやるしかないんだ、と楽観視しています。考えても仕方ないので今はこののんびりとした日々と家計のやりくりを一生懸命考えながら楽しんで過ごしたいと思います。