月別アーカイブ: 2017年7月

雨降りも楽しいな、素敵な楽しみ方

雨降りの時って、通勤通学は大変ですけれど、なんだかホッとしたことはありませんか?
空気がしっとりしているのも落ち着きますし、今日はお洗濯休んでいいよってことだよね!とひとりで勝手に納得したり。
お掃除してもあんまりホコリが立たないような気がするのもいい感じです。
都合が許せば、おうちでまったりするには最高の日だと思います。
好きな音楽やラジオをかけて、おいしいお茶が飲めたらいいなーって。
なんとなく雨の日にはビートルズが聴きたくなるんですよね。そんな方いませんか?
雨が降ってるだけなんですけど、「無理して外に出掛けないで、たまには家でゆっくりしなよー」って誰かが言ってくれてる気がします。
いつも見ないアルバムを覗いたり、本の整理をしたり、お部屋の模様替えをするのもいいかもしれないですね。
もちろん外出したい気分なら、お気に入りの長靴や傘でゆっくり散歩するのも素敵ですね。いつもより自然に、ゆっくりゆっくり歩けます。
前から気になっていたけれど、入りそびれてしまっていたカフェにも、今日は入ってみましょう。こんな日は初対面のマスターも優しく見えてしまいそう。
こういう時は最初が肝心、柄にもないけれど明るく話しかけてみようかな、って自分を奮い立たせたりするものいいですね。
天気一つでこんなにも気持ちの持ちようが違うなんて、人もやっぱり凄く自然現象に影響されているんですね。
ちょっとした変化にも前向きに、余裕をもって、うまく沿っていけたらとっても素敵だなと思います。

同棲中の彼と二人で料理を作るのは忍耐力が必要?

最近、同棲中の彼とよく一緒にご飯を作ります。のろけ話しならいいのですが、ちょっと違います。彼と同棲するまでは一人で自炊していたので、味付けも食材も自分好みで自由にできていたのに、一緒に暮らし、しかも料理も一緒にとなると、メニューから味付けまでいちいち聞かないとならないのです。
私はもともと料理上手ではありませんが、嫌いというわけでもありません。基本のキくらいは分かるので、横に立っていちいち他人を気にしながらキッチンに立つのがどうも嫌なのです。彼も料理はする方だけど、普通の女子よりも劣るくらいの力量なので、私が主となって切り方や火加減、メニューに味付けも考え指導する感じです。自分より上手であればいいのか、ということでもないと思います。上手だと逆に文句言ってきそうなので、言ったら動ける程度が理想なのかも知れません。でも、実際に言って動いて貰うのが頻繁に起こると、やや面倒に感じます。もう少し頻度が少なければいいのにと思います。
こんなこと言うと、全く料理ができない彼氏・旦那をお持ちの方に、「贅沢!」と言われそうですが、仕事や何かで疲れているときには、人の意見を聞き指示を出しながら料理するよりは、ササッと作ってしまいたいものです。
彼はたまに「え?」と思うような提案もしてきます。この間はルーから作るホワイトシチューに、まさかの「生姜プラス」という提案が出ました。絶対に合わないと思いつつも、口で言うよりやってみた方が分かると思い投入することにしました。案の定、彼の口から「合わないね」とのダメ出しです。きっとこの先シチューに生姜という提案だけはしないと思います。
そんな彼ですが、やらないよりはやる方が良いと思って、気長に二人で料理することに慣れようと思います。

ためらっていたハリネズミを飼うきっかけができました。

つい先日、ホームセンターのペットショップでずっと飼うか悩んでいたハリネズミを購入しペットとしてお迎えしました。小さいころから夫婦ともども犬や猫との暮らしをしていて動物好きなのですが、子供たちはアレルギーがあり、今の生活スタイルを考えるとお世話も難しそうで、犬や猫を飼うことは無理。家族みんなが動物が好きなのでペットの話が出ては消え、消えてはまた出てきてという状況で数年が立ちました。小動物ならば何とかみんなでお世話ができるのではないかと思い、ハリネズミを検討していました。でも命あるものの購入を早々には決められずにいた時、子供の授業参観があって、そこで一人のママ友とペットの話題になりました。そのママ友のおうちでは猫とハムスターを飼っていて、下の子供が一人で留守番しているときにペットがいるから留守番をさみしがらずできているという話をしてくれました。そういえば、うちの下の子も上の子の習い事が頻繁にあって帰りも遅く一人で留守番することが多いので、確かにペットがいると寂しさもまぎれるのではないかと思いました。これでずっと長い間悩んでいたペット飼育について決心がつき、主人に相談。小動物の飼育より犬猫を望んでいた主人も動物が家に来ることは嬉しかったようで、ハリネズミの購入を承諾してくれました。金魚以外、生き物を家に入れたことがなかった我が家に、先日ハリネズミのベビーがやってきました。臆病な動物でのぞいたり触ったりしてはいけないので、とにかくみんな声を潜めて寝てる姿を見に行っては癒されている毎日です。